いとやの歴史

1792年

創業

畑 市良左衛門が現在の福井県坂井市三国町で創業しました。

1947年

「いとや提灯店」初代 畑 正吉

絵だけでなく文字の絵付けも得意とし、さらにいとやの歴史を特によく知る文化人でした。

「いとや提灯店」をオープン

現在の福井県坂井市三国町北本町に、初代 畑 正吉が店を開きました。

1988年

「いとや提灯店」2代目 畑 峰雄

店舗もリニューアルしました。

2008年

「いとや提灯店」3代目 小島 まりや

いとやの歴史上初の女性職人として現在奮闘中

2014年

店舗リニューアル

提灯店らしく「和」のテイストでリニューアル。
三国の提灯店として、三国湊町にふさわしい店舗となりました。

2017年

三国提灯いとや工房と
三国湊・食の蔵 ’灯’オープン

蔵を改装し、1階はカフェ「三国湊・食の蔵 ’灯’」、2階は体験工房「三国提灯いとや工房」としてオープンしました。