三国提灯とは

「 三国提灯 」 (郷土工芸品名称)
福井県郷土工芸品指定(平成二十八年十一月)

参照:http://www.pref.fukui.lg.jp/doc/chisangi/dentoukougeihin.html

特徴

提灯を製造するとき、木型と竹ひごを用い、手作業で形を作り、絵付けは手描き、乾燥は天日で自然乾燥させて作る昔ながらの技法が認められました。 他県では分業制が主ですが、12ある工程すべてを、今なお手作業で行っています。

木型

竹ひご

和紙はり

えつけ

福井県郷土工芸品とは

国指定の伝統的工芸品以外にも、福井県の風土と県民のくらしの中で育まれてきた、手作りの優れた工芸品が数多く見られます。これらの中で次に掲げる用件等に該当するもので、福井県知事が指定したものをいいます。

1. 工芸品であること
2. 主として日常生活に使われるものであること
3. 製造工程の主要部分が手工業的であること
4. 一定の期間(10年以上)、県内において当該工芸品が製造されていること
5. 伝統的な技術または技法に基づき、かつ、伝統的に使用されてきた原材料が主たる原材料として用いられ製造されるものであること
6. 郷土の風土、くらしを題材とし、郷土の資源を素材とするもので、独自の技術・技法により製造され、特色ある地域づくりに貢献するものであること

CRAFTの "C" の形を基本の一つである四角形で表現し、手作りの確かさやその品質の良さをイメージしています。また、郷土に育まれた工芸品ということで、福井の雪を表わすぼかしをアレンジし、デザイン化したもので、福井県郷土工芸品のシンボルマークとなっています。